女性用媚薬ゼリーの効果分析丨媚薬ジェルの情報集合

  • 媚薬ゼリーはどこに使えますか?

媚薬ゼリーはどういうところに使えますか?ここでは、まず媚薬ゼリーを使えるところを紹介いたします。

1.加齢で腟(ちつ)の萎縮や分泌液の減少する場合:

一定の年齢になれば、女性誰でも閉経を迎えています。一旦閉経になれば、女性ホルモンがシュッと少なくなります。女性ホルモンはそもそも腟から粘液を分泌させて、その粘液は膣の潤いを保って、摩擦が起きても痛くないよになります。

  • 産後では出産によって子宮や腟に変化が起こった場合:

出産した後、子宮や腟の形が変化し、すぐに元に戻れられないですから、状態が落ち着くまで、しばらくはセックスの時に違和感や痛みを感じることがあります。それで、精神的な原因や生理的な原因で濡れにくくなってしまい、余計に痛みを感じてしまうこともあります。

  • 妊娠中や産後の体の変化や精神的な原因がある場合:

妊娠中は、どうしてもお腹の赤ちゃんのことに注意しなければならなく、いきがちで、セックスに集中できなかったり、セックスに恐怖感を持ってしまうこともありますよね。または、ストレスなどで、心理的な原因で腟粘液が分泌されにくくなってしまうこともあるようです。そうしたら、摩擦が起きると痛みが発生します。

 

以上の場合は媚薬ゼリーが使ったことが出来ます。もしあなたも以上の状況があれば、ぜひ媚薬ゼリータイプを利用してください!

  • 媚薬ジェルについて

ここでは、ある有名な媚薬ジェルを皆さんに紹介したいです。

ホーニージェルは、今欧米で人気急上昇中の女性の為の媚薬ローションです!

性欲が減退するのは男性のみならず女性にも起こりえる悩み。 その悩みを、ホルモンバランスを整え血行促進効果があるL-アルギニン、身体を暖め感度をアップさせるメントールやビタミン類などの有効成分が即解決できます!

ホーニージェルの主要成分はL-アルギニン、メント一ル、プロピレングリコ一ル、ヒドロキシエチルセルロ一ス、樟脳油、ユ一カリオイル、ビタミンA、D、Eなどです。

使用方法:

性行為の前に女性の外性器(クリトリス)に塗り、5分程軽くマッサージしてください。

・病気の治療を受けておられる方、腟内損傷の方、妊娠中の方、薬物アレルギーの方はご使用をお控え下さい。

・お子様のお手の届かない所に保管して下さい。

・直射日光ライトなどを避け、涼しい場所に保存して下さい。

・身体に異常がみられた場合は利用を中止し医師または薬剤師にご相談下さい。

・成分にアレルギーがある方は使用しないでください。

・利用部分に外傷、炎症、あるいは何らかの違和感がある方は使用しないでください。

・またこれら以外にも現在何らかのご病気を治療中の方は必ず摂取前に医師または専門医にご相談下さい。

・本商品は医薬品ではありません。成人女性専用です!

以上は媚薬ゼリーや媚薬ジェルについての関連情報です。もしあなたも気になると、ぜひ試してみてください!

from:http://apersonaltoucherrands.com/

漢方媚薬の主な成分

近年、漢方媚薬は健康な成分によって、人気どんどん上がっています。漢方媚薬は天然な材料を成分として、体に副作用少なく、サプリメントのような毎日飲んでも大丈夫だと言われていた。でも、この天然な材料は一体どんなものですか?この文章では、漢方媚薬の成分を詳しい紹介します。

・マカ
現代媚薬の原材料の代表格がマカです。発情効果のある物質としても非常に著名ですが、媚薬にも多く用いられています。滋養強壮のサプリメントとして、マカが注目されている。マカは別名「アンデス人参」として知られており、現地では「アンデスの女王」と呼ばれているのだ。マカは強壮剤として、または基礎体力の維持や疲労回復などを目的として伝承医療で長く用いられてきます。最近では、生殖能力の維持や改善に関して注目されており、不妊症の改善に対して多くの女性にも利用されています。

・ムイラプアマ
ムイラプアマの根は特に薬効が高いと言われており、医薬品として日本をはじめとした各国に認められている成分でもあります。血行を改善し、基礎体温をあげ女性の高揚感を促進させます。また男性の勃起不全にも効果があり、女性用媚薬の他にも様々な医薬品に配合されている成分なのです。

・枸杞
枸杞の主な成分はカロチノイド、ベタイン、β-シトステロール、リノレイン酸、ビタミンB1など成分を含有する。枸杞はいつも滋養強壮薬として肝腎を滋補し、虚労、腰膝の疼痛、無力感、めまい消渇など症状に対応して強い効果があります。

・山藥
山薬は神農本草経の上品に「薯蕷」の原名で収載されています。山薬はヤマノイモ科のナガイモまたはヤマノイモの周皮を除いた根茎です。山薬の成分はデンプン、糖蛋白質、糖類、アミノ酸、コリンなど成分を含有しています。山藥が滋養補益、止咳化痰などの作用でけでなく、女性ホルモン分泌を促進させて、性欲を高めるなどの効果があります。山薬にはホルモンバランスの調整作用があるそうです。

・トンカットアリ
古くから強壮薬や媚薬として現地の人たちに用いられてきた成分です。エネルギーが増加しスタミナがつくことで、とくに男性のセックス機能の向上が期待できます。

性欲を高める媚薬的な食品は?

普通生活の中で、多くの食物には性欲向上、精力アップなど媚薬効果があります。

・チョコレート
チョコレートに関しては、科学的根拠に基づいた実験結果発表されており、チョコレートを食べたときの脳内物質や脳の活性状態が、恋愛をしているときの脳の状態と酷似することが分かっているそうです。何でもチョコに含まれる成分が幸福感や、陶酔感を引き出すようで、結果として性欲を高めてくれるそう。

・牡蠣
牡蠣には豊富な亜鉛が含まれています。亜鉛はホルモンの分泌を高めて、性欲を向上する働きがあります。また牡蠣やハマグリ、ムール貝にはD-アスパラギン酸や、N-メチル-D-アスパラギン酸という物質があって、女性ホルモンを放出することを促すことができます。

・キュウリ
キュウリは香りに媚薬効果があります。実際に、女性がキュウリの香りを嗅ぐことで膣の血流が良くなることがアメリカの研究で分かっています。同じくニンニクも血流を良くする効果があります。実は女性はこの匂いに敏感で、男性ホルモンも匂いで嗅ぎ分けているくらいなのです。女性の性的な興奮を高めるには、これらの食材がおすすめです。

・バナナ
バナナに豊富なビタミンB6は女性ホルモンのエストロゲンの代謝を働きかけ、女性ホルモンのバランスが整えてくれます。そのおかげで気持ちも安定し、ちゃんと相手に向き合ってレス解消につながります。

・生姜
生姜を食べると体がポッポして暖かくなってきますよね。これは生姜を食べることによって、血液の循環が良くなるためですが、生姜は性器の血流の循環も良くするのです。血流が良くなれば、その部位は活発に活動を始めます。生姜が男女問わず性欲を増強させると言われる所以です。

・アルコール
アルコールには、血行促進・ストレスの抑制効果・催淫効果・本能の開放など様々な効果があり、適量であればお酒を通じて一気に相手と親しくなれる飲み物です。