漢方媚薬の主な成分

近年、漢方媚薬は健康な成分によって、人気どんどん上がっています。漢方媚薬は天然な材料を成分として、体に副作用少なく、サプリメントのような毎日飲んでも大丈夫だと言われていた。でも、この天然な材料は一体どんなものですか?この文章では、漢方媚薬の成分を詳しい紹介します。

・マカ
現代媚薬の原材料の代表格がマカです。発情効果のある物質としても非常に著名ですが、媚薬にも多く用いられています。滋養強壮のサプリメントとして、マカが注目されている。マカは別名「アンデス人参」として知られており、現地では「アンデスの女王」と呼ばれているのだ。マカは強壮剤として、または基礎体力の維持や疲労回復などを目的として伝承医療で長く用いられてきます。最近では、生殖能力の維持や改善に関して注目されており、不妊症の改善に対して多くの女性にも利用されています。

・ムイラプアマ
ムイラプアマの根は特に薬効が高いと言われており、医薬品として日本をはじめとした各国に認められている成分でもあります。血行を改善し、基礎体温をあげ女性の高揚感を促進させます。また男性の勃起不全にも効果があり、女性用媚薬の他にも様々な医薬品に配合されている成分なのです。

・枸杞
枸杞の主な成分はカロチノイド、ベタイン、β-シトステロール、リノレイン酸、ビタミンB1など成分を含有する。枸杞はいつも滋養強壮薬として肝腎を滋補し、虚労、腰膝の疼痛、無力感、めまい消渇など症状に対応して強い効果があります。

・山藥
山薬は神農本草経の上品に「薯蕷」の原名で収載されています。山薬はヤマノイモ科のナガイモまたはヤマノイモの周皮を除いた根茎です。山薬の成分はデンプン、糖蛋白質、糖類、アミノ酸、コリンなど成分を含有しています。山藥が滋養補益、止咳化痰などの作用でけでなく、女性ホルモン分泌を促進させて、性欲を高めるなどの効果があります。山薬にはホルモンバランスの調整作用があるそうです。

・トンカットアリ
古くから強壮薬や媚薬として現地の人たちに用いられてきた成分です。エネルギーが増加しスタミナがつくことで、とくに男性のセックス機能の向上が期待できます。

コメントを残す